いま売れてる!オリジナル考察ブログ

独自の見解を織り交ぜつつ、ヒット商品などを紹介していきます

木下昌輝の「敵の名は、宮本武蔵」が直木賞候補に!!

f:id:wahukutoniku:20170702204504p:plain

通販購入ガイド

目次を見ると、一見短編集かのように思ってしまいますが、じつは読み進めるうちに、各章が密接なつながりを持っているという読後感タップリな作品です。しかもその繋がりが非常に深く構成されており、著者の力量に素直に感動してしまいました。


またこれもパッと見、タイトルだけですと、宮本武蔵の相手が主人公のように思えますが、、主人公は宮本武蔵です。何というか、敵としての立場から宮本武蔵を描いたという感じですね。また父親の無二斎についても詳しく書かれています。


なお、直木賞の候補になってからも、その人気がさらに高まり、一部書店では売り切れも出ているようです。ですので、ご購入をお考えの方は早めにチェックされたほうが良いかもしれません。


↓ ↓


■通販■⇒ 楽天ブックス


■通販■⇒ ローチケHMV


■通販■⇒ アマゾン


■通販■⇒ セブンネット

 





o